話し上手になる心理的方法!上手な話し方を3分で大公開!

girl-781095_640

話し上手な人になる方法はどのようなものなのでしょうか?上手な話し方ってあるのでしょうか?

 

私たちはコミュニケーションを通して「ものごと」を進めていきます。

 

  • 「仕事」
  • 「恋愛」
  • 「遊び」

 

などあらゆるところで当然コミュニケーションを行います。

 

コミュニケーションが下手だと、相手といい関係をつくることができません。

 

そのため、ものごとは一向に進まないことでしょう。

 

だからこそ、企業は「コミュニケーション能力」を重視するのです。

 

会社の社長に登りつめる人は「営業畑」の人が多いのは偶然ではないのです。

 

営業でトップになれるような人は間違いなく「話し上手」です。

 

会社で数字も残し、そして周りからの評価も高い「営業畑」の人が社長に選ばれるのは自然なことなのです。

 

だからといって、「話し上手」になるための方法論がまったくないわけではありません。

 

一般的に話し上手は聞き上手といわれ、「質問・あいづち」を入れようなどと言われています。

 

しかし、これだと「頓珍漢な質問」をしたり「不自然なあいづち」をしてかえって話下手になることがあります

 

ここでは、あなたが「話し上手」になるための方法を「心理学的な知見」を用いてご紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク


人と信用を築くためのファクター

人と信用を築くための「ファクター」とはどのようなものでしょうか?

 

実は、とても単純なことなのです。

 

「共通のチャンネル」があるのかどうかということです。

 

相手と自分の「共通点」があるのかどうかということです。

 

人は「共通のチャンネル」を通してコミュニケーションすることで、信用が築かれるのです

 

例えば、「趣味」が同じような人は放っておいても仲良くなります。

 

あなたも話に熱中しすぎて、いつの間にかこんなに時間が経ってしまっていた!という経験があると思います。

 

人は「共通のチャンネル」で語り合うことができるなら、自然とコミュニケーションはうまくいくのです。

 

 icon-thumbs-up Column

私にはアイドルオタクの友人がいます。

 

彼はアイドルのライブに行く道中で、知らない人と仲良くなっていました。笑

 

アイドルが「共通のチャンネル」になったのです。

 

一緒に写真まで撮っていました。笑

 

ちなみに、私はアイドルオタクではありませんよ。笑

 

スポンサードリンク


話し上手ってどういうこと?

では、話し上手ってどんな人のことを表しているのでしょうか?

 

話し上手とは「誰とでも円滑にコミュニケーションをとれる人」のことを言います。

 

「分野が異なる人」や「違うタイプの人」でも仲良くなるのがとても上手であるということです

 

相手と自分の間で「共通のチャンネル」をみつけるのが得意だということがいえます。

 

人は「自分の得意なこと」を語りたがります。

 

このような場合では、「畑が異なる人」と信用を築くのが難しいです。

 

「共通のチャンネル」でのコミュニケーションではないためです。

 

独りよがりなコミュニケーションと言えるでしょう。

 

しかし、話し上手な人は「自分の畑」を超えて相手と仲良くなることができるのです。

 

では、このような「壁」があったときに私たちはどのようにして相手と信用を築けばよいでしょうか?

 

ここで「壁」を乗りこえさせてくれるのが「バックトラッキング法」というわけです。

 

これを知ったあなたは初めての人とコミュニケーションをとる回数が増えることでしょう。

 

初めての人に心を開いてもらうための方法を知りたい方は「心を開くための秘伝の方法3つ〜恋愛にも応用可〜」を参考にしてみてください。

 

バックトラッキング法とは?

  • 共通のチャンネルがあると自然と話し上手になる
  • しかし、畑が違うとき共通のチャンネルが存在しない

 

このようなときに使ってほしいのが「バックトラッキング法」というわけです。

 

バックトラッキング法とは「Back Tracking(後を追う)」という意味です。

 

読んで時の如く、「相手の言ったことの後を追う」というのがバックトラッキング法というわけです

 

例えば、仲良くなりたい人が「スキューバーダイビング」の話をしはじめたとしましょう。

 

しかし、あなたはスキューバーダイビングは興味がなく知識もなく「畑違い」という場合です。

 

 

相手 : 「〇〇の海で潜るのは最高なんだよねー!」

自分 : 「へー、〇〇の海ってかなり透き通っているってことなんだ!深くまで潜りたくなるんじゃない!?」

 

相手「そう、かなり深いところまで行くのが気持ちいいんだよね!」

自分「へー、深いところからだと太陽の光がきれいに見えそうだね!」

 

相手 : 「そうなんだよ!ハンパないくらい綺麗だよ!魚の群れも見ていて気持ちいいよ!」

自分 : 「へー、深いところでしかお目にかかれないレアな魚の群れとかもいそうだよね!」

 

 

このように、「相手の言ったことを手掛かり」に話を広げていくのです。

 

 

そうすることによって、相手は自分と同じチャンネルでコミュニケーションをしていると思ってくれるのです

 

胸襟を開いて話をしてくれることになるでしょう。

 

この方法を使うことによってあなたは今日から話し上手になれるというわけです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ