赤ちゃんの初節句のお祝い!これだけでバッチリ!

traditional-775512_640

赤ちゃんの初節句のお祝いはどのように祝えばよいでしょうか?

 

「初節句」とは、赤ちゃんが生まれてはじめて迎える「節句」のことです。

 

赤ちゃんが生まれた「家族」にとっては、楽しみな行事です。

 

赤ちゃんの健やかな「成長」をねがい、お祝いをする行事です。

 

そこで、赤ちゃんの初節句を「よりよいもの」とするためにはどうすればいいのかをまとめてみました。

 

スポンサードリンク


初節句の「いろは」

いつが初節句?

初節句は、「男の子」「女の子」でことなります。

  • 「男の子」の場合は「端午の節句(5月5日)」
  • 「女の子」の場合は「桃の節句(3月3日)」

 

ただ、生まれたばかり(生後1〜2ヶ月以内)の場合は、翌年に行うのが慣例のようです

 

誰が用意するのか?

また「母方の実家」が初節句に必要な「雛人形」「武者人形」などを用意するという習慣がありました。

 

ひょっとすると「母方の実家」の方が申し出てくれることもあると思います。

 

しかし、現代においてはそれぞれの実家が「話し合い」によって決めることが多いようです。

 

例えば、「鯉のぼり」は母方の実家で「武者人形」は父方の実家が負担するようにするなどです。

 

おおよそ、「半分半分」で負担するということです。

 

話し合いで決まるのであれば、特にこだわる必要はありません。

 

また、家に飾るスペースなどがない場合も考えられます。

 

その場合は、「現金」や「商品券」などを送るようです。

 

下の子たちの場合は?

下の子たちの場合も同様に「初節句」のお祝いを行います。

 

男の子の場合は、そろっていないものを送るのが習わしのようです。

 

例えば、長男のときは「武者人形」だったので、次男のときには「鎧兜」というふうにするということです。

 

女の子の場合は、雛人形の「数」を増やすというのが習わしのようです。

 

新たに「人形」を追加するということですね。

 

 icon-thumbs-up Column

「節句」のルーツは「宮廷」の行事で、大昔から行われていました。

 

私たち一般の人たちの行事になったのは「江戸時代」です。

 

「江戸幕府」が公的な行事・祝日として認めたのが始まりです。

 

スポンサードリンク


初節句の準備

初節句の祝い方

 icon-thumbs-up 桃の節句(3月3日)の場合

  • 「雛人形」
  • 「桃の花」
  • 「白酒」
  • 「雛あられ」
  • 「むぎ餅」
  • 「ちらし寿司」

 

 icon-thumbs-up 端午の節句(5月5日)の場合

  • 「武者人形」
  • 「鎧兜」
  • 「鯉のぼり」
  • 「かしわ餅」
  • 「ちまき」

 

いつごろ贈る?

だいたい「2〜3週間前」から人形を飾るようにします。

 

桃の節句の場合は「雨の日」に飾ると「いい縁起」になるといわれています。

 

そして、「初節句」がすぎたら片付けるというのが習わしです。

 

贈るときは、お早めに準備しておくってあげてくださいね^ ^

 

ちなみに、「お金」をおくる場合は「5000円〜10000円」が相場のようです。

 

誰と祝う?

基本的には、「赤ちゃん」「両親」「祖父母」で祝うのが習わしです。

 

また「お祝い」をいただいた人には、「初節句」に招くことによってお返しをします。

 

「初節句」に招くことができない場合は、内祝いとして「お返し」を贈り物をします。

 

相場としていただいた金額の「3分の1から半分くらい」の祝い菓子をおくることが多いです。

 

たとえば、「名入れ」のカステラを初節句に招いた人におくるのはどうでしょうか。

 

「名入れ」のカステラには「初節句」と「赤ちゃんの名前」を入れるのが定番です。

 

また、初節句に欠席されて「宅急便」などでおくる場合は「タオル」「紅白の角砂糖」「かつおぶし」をおくるのが定番です。

 

初節句の「写真」「お礼の手紙」などをそえておくると、よりよいでしょう。

 

 icon-thumbs-up 手紙の文例

このたびは、心のこもったお祝いをいただきまして

本当にありがとうございます。

ささやかではございますが、

お礼のお品を送らせていただきました。

初節句を迎えることができた〇〇の写真も

同封させていただきました。

 

くれぐれも、お体にはお気をつけてください。

 

〇〇

 

内祝いの「のし」の書き方

初節句の内祝いには下のような「紅白蝶結び」の「のし」を使います。

 

Evernote Camera Roll 20151124 161540

 

 icon-thumbs-up ポイント

  • 「表書き」は「内祝い」「初節句内祝い」のいずれかとします
  • 下には「お子様の名前(苗字抜き)」を書きます

 

最後に

他にも赤ちゃんの読み聞かせがいかに大切なことなのかについて「赤ちゃんの読み聞かせの効果と方法3つ!天才になれる!」で説明しています。

 

赤ちゃんが「心身」ともに、健やかに育っていってくれることに期待しています。

 

また、「お祝い」も存分に楽しめるはずだと思います^ ^

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ