バレンタインに大学生の彼氏におすすめプレゼント!予算は?

cake-pops-693645_640

バレンタインに大学生の彼氏にはどのようなプレゼントをすれば、彼は喜んでくれるのでしょうか?

 

大学生といえども、社会人の一歩手前で限りなく社会人に近い存在です。

 

大人に近い存在なので、中学・高校のときのプレゼントのときのようなものからは少し様相が異なることになります。

 

「子供」から「大人」なるにつれて、プレゼントするものもシフトチェンジしていく必要があります

 

しかし、大学生はお金に余裕があるとはいえません

 

それでも、バレンタインという貴重な機会なのですから、「最低限の予算」で「最大限楽しみたい」と思っているはずだと思います。

 

そこで、「どのくらいの予算をかければよいのか?」「彼が喜ぶ3つのおすすめ」をご紹介していきたいと思います。

 

また反対に、「あげない方がいいもの」も説明したいと思います。

 

せっかくのプレゼントがゴミ箱にいくようでは話になりませんから。笑

 

スポンサードリンク


どのくらいの予算をかければよいのか?

バレンタインですので、「チョコ」と「プレゼント」を贈るようにしましょう。

 

まれにですが、男子の中には「チョコ」が苦手な人もいます。

 

そんなときは、「チョコ」の代わりに「クッキー」とか「ケーキ」にしてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、ほとんどの場合は「チョコ」がいいです。

 

そして、出来るだけ「手作り」していきましょう。

 

世の中には、ブランドの「チョコ」がたくさん並んでいます。

 

しかし、大学生に贈る場合にはこのような高級なものは必要ありません。

 

なぜなら、「チョコの原価」はほとんど変わないからです

 

つまり、食べられて得られる効用は高かろうが安かろうが、ほとんど同じなのです

 

「高級感」という付加価値がガッツリと乗っかっているものを、お金に余裕のない大学生が背伸びをして贈る必要はありません。

 

むしろ、背伸びしたことで彼にそれ以上のものを返さないといけないと思わせると逆効果です。笑

 

もちろん、お金に困っていないのなら選択の問題でしょうが。

 

むしろ、「ラッピング」や「手紙」など手間ひまをかけたということが伝われば、彼氏は喜んでくれることでしょう。

 

「想い」が大切なのです。

 

バレンタインの本質的な意味合いはこちらであるということは言うまでもありません。

 

このような観点からいえば、チョコにはほとんどお金はかけずに済みます。

 

義理チョコも含めて、たくさん作ることを想定しても1000円〜2000円くらいに落ち着くことでしょう。

 

3000円はかからないはずです

 

それにプレゼントを合わせるとトータルで「8000円前後」になることでしょう。

 

余談なのですが、「手紙」を添えておくとさらによいでしょう。

 

バレンタインに手紙で告白!?彼氏への内容は?」は「手紙」の大切さをご紹介したものですので、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク


彼が喜ぶ3つのおすすめ

前述しておりますが、大学生は社会人に近い存在です。

 

プレゼントするものも気をきかせてくれれば嬉しいはずです。

 

また、こちらで紹介するものはすべて「並行輸入品」をご紹介しております。

 

「正規品」と「並行輸入品」の違いは、国内での保証の有無が異なることです

 

ただ、どちらとも作られる場所は「同じ工場」であり「本物」です。

 

そもそも、使用しているときに故障してメンテナンスに出す人は少ないです。

 

このようなことや大学生であるということを考慮して、リーズナブルに「クオリティの高い」ものをプレゼントするために「並行輸入品」を紹介しています。

 

キーケース

キーケースは、すでに一人暮らしをしている人にとっては必須のアイテムです。

 

また、大学生のときは実家暮らしかもしれませんが社会人になって一人暮らしをはじめる人はたくさんいます

 

そのようなときに「キーケース」をもらえれば嬉しいはずです。

 

「気がきく人なんだな」と思うことでしょう。

 

 

パスケース

パスケースにおいても同様のことがいえます。

 

ただ、パスケースは大学生になったら持ち歩くようになります。

 

もちろん、社会人になっても使うものなのでとてもありがたいです。

 

 

ネクタイ

ネクタイは、社会人になるとマストなアイテムになります。

 

大学生においても、成人式があります。

 

成人式という「晴れの場所」にあなたがプレゼントしたネクタイでいってくれれば嬉しいですよね^ ^

 

また、社会人になってもバリエーションのひとつとしてあなたのプレゼントが入れば、彼は嬉しく思うでしょう。

 

 

 

心理的テクニックを使ったチョコの渡し方などの「バレンタイン全般」に関することは「おすすめのバレンタインデー・まとめ」でご紹介しておりますので参考にしていただけたらと思います。

 

あげない方がいいもの

あげない方がいいものはどのようなものでしょうか?

 

ずばり、「ディズニー」や「USJ」などのチケットです。

 

男子は基本的に日常生活で「ディズニー」や「USJ」に行きたいと思いません。

 

女子にとっては楽しい場所ではありますが、男子にとってはそうではないのです。

 

たしかにプレゼントされてありがとう!と言われるかもしれませんが、結局行かずじまいに終わる可能性がかなり高いです

 

「普段の生活」において行くことはありませんから、おそらくいつの間にか期限が切れて忘れ去られることでしょう。

 

やはり、プレゼントは普段の生活で使うだろうというものをプレゼントするのがいいです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ