足の深爪が痛いときの治し方3つ!治すには成長ホルモン!

sandals-932756_640

足の深爪が痛いときの治し方はどのようなものでしょうか?深爪を治すのに大切なものが「成長ホルモン」なのはどういうことでしょうか?

 

爪がキレイであるということは2つのことで大切なことだと思います。

 

「見た目」と「健康・衛生」においてです。

 

手足の指がキレイだと周りの人は、細かいところまでキレイにしている人だなと思うことでしょう。

 

特に女性だと、ネイルサロンに行って「ケア」や「メンテナンス」をしている人もたくさんいます

 

女性にとって、爪がキレイであることは本人にとっても大切なことなのです。

 

反対に、足の深爪になりすぎると歩くのが痛くなってしまうこともあります

 

指の深爪だと、普段の生活の中で何かを持ち上げるときなどに痛みが生じてしまうことがあります。

 

また乾燥して深爪の部分から炎症を起こしてしまうこともよくあります

 

このようになると「健康・衛生」の点からもよろしくないのは確かでしょう。

 

そこで、深爪を治すための方法を3つご紹介していきましょう。

 

カギとなる「成長ホルモン」についてまず説明していきましょう。

 

スポンサードリンク


成長ホルモンとは?

「成長ホルモン」とはどのようなものなのでしょうか?

 

「成長ホルモン」は細胞の修復をさせる働きをもっています。

 

私たちの身体の細胞は生活をするだけで傷がついている状態になります。

 

傷ついた細胞を、修復させるのが「成長ホルモン」なのです

 

自分で必要以上に「爪」を切っているのですから「深爪」も傷のひとつです

 

子供の場合は、自分の身体を大きくすることに「成長ホルモン」は働きます。

 

大人になってからは「細胞を修復する」ために働きます。

 

成長ホルモンが分泌されるのか、そうではないのかは私たちの「見た目」にも大きく影響してきます。

 

あなたの周りでも「歳よりも幼く見えたり、老けて見えたりする人」がいると思います。

 

そのため、「成長ホルモン」は「若返りホルモン」とも言われています。

 

これは日々の生活において「成長ホルモン」が出せているのかどうかによって決まってきます。

 

では、どのようにすれば「成長ホルモン」をたくさん分泌させられるのかというと「深い睡眠」をとることです。

 

さらに詳しく知りたい方は、「睡眠が耳栓とアイマスクで劇的に「質の高い睡眠」になる」を参考にしてみてください。

 

私たちは睡眠中に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」をくり返し行っています。

 

この「ノンレム睡眠中」のみに「成長ホルモン」が分泌されることが分かっています。

 

深いノンレム睡眠がとれると

  • 「見た目が若返る」
  • 「身体についた傷(深爪)が修復されていく」

 

のようなことが期待できるのです。

 

女性にとっては、見た目を若々しく保つことはとても大切なことだと思います。

 

スポンサードリンク


深爪の治し方

それでは、深爪で痛いときの治し方について説明していきましょう。

 

前のセクションで、傷(深爪)を修復する成長ホルモンをたくさん分泌することができるようになったと思います。

 

これが傷(深爪)を治すための「土台」となってきます

 

爪がよく生えてくる状態ということです。

 

「爪きり」ではなく「爪やすり」

「深爪」になってしまう人の特徴に「爪を切りすぎる癖」があるということが挙げられます。

 

せっかく爪が成長して元に戻っているのに「爪を切りすぎる癖」があるのはもったいないことです

 

ですから、「爪きり」ではなく「爪やすり」を使って「ケア」していくようにしましょう。

 

白い部分を「1〜2mm」残すくらいが目安です。

 

「もう少し切りたい」と思われるかもしれませんが、とどめておきましょう。

 

白い部分がやがてピンクになっていくときがきます

 

 

自分の爪のための「愛用品」にしてはいかがでしょうか。

 

「家用」と「持ち歩き用」などにしても便利です。

 

保湿を怠らない

爪は人間の身体の中でもとてもデリケートな部分です。

 

深爪の部分に傷がある場合などは「ハンドクリーム」や「ワセリン」を厚めに塗っておきましょう。

 

とくに、乾燥した場合にはちょっとした衝撃によって傷口が開いてしまったりしてしまうのです

 

痛みがなくなるまで、保湿はしておきましょう。

 

爪をかまない

「深爪」をの人は「爪とよく噛む」人がたくさんいます。

 

爪を噛んでしまっては、さらに深爪がすすむことになりかねません

 

爪を噛まないようにする必要があります。

 

オススメは

  • 「カラーマニュキア」をつける
  • 「付け爪」をつける

 

などのようにして「爪を噛めない」ような環境にしてしまえばいいのです。

 

またネイルサロンの人に相談するのもよいかもしれません。

 

爪のプロから自分にあった外付けのものを紹介してくれることでしょう。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ