スポンサードリンク


お小遣い稼ぎしたい主婦はブログ!10万円講座【4】

お小遣い稼ぎをしたい主婦ならブログというのはどのようなものがいいのでしょうか?

 

お小遣いが欲しいのであれば、

 

  • 「今のままはマズい」
  • 「空いてる時間を使いたい」
  • 「お金で悩まされたくない」

 

などのように感じるのではないでしょうか。

 

細切りにされた時間を使って何か大きなものになるというのはとても美しいことです。

 

また、「働き方改革」によって副業が容認されようとしています。実は、大手企業ではすでに副業を容認しているところもあります。

 

これからは万人が「副業」をして仕事をかけ持ちし始める時代がきたというわけです。お金を稼ぐためにはいかに「細切れの時間」をうまく使えるのかが大切だということです。

 

これは仕事を持っている人だけではありません。主婦も「細切れの時間」をいかにうまく使うことができるのかどうかで経済的に差が出てくる時代だということです。

 

ですから今、現在「お小遣い稼ぎ」というのは求められているキーワードだということができます。あなたの知り合いも貪るように「お小遣い稼ぎ」に関することを読んでいるに違いありません。

 

そして、どちらが「本業」なのかすら分からないという人もあなたの周りにたくさん出てくることでしょう。

 

つまり、これは「うまくいく人」と「うまくいかない人」が出てくるということです。

 

もし、あなたが「うまくいかない人」になってしまうと、誰かにヒドく嫌われることがあるように「お金」にも嫌われてしまうことにもなりかねません。こうなると「絶望的」です。

 

このような状況であなたがライバルをさしおいて「スタートダッシュ」を華麗に決めこむことができるのかがもっとも大切なことです。

 

なぜなら、「今どうするのか?」ということがこれから天と地ほどの差をもたらすというのは言うまでもないことだからです。

 

ここで、「うまくいく人」になることができるのであれば、周りの人たちから好かれるのはもちろんのこと「お金」にも好かれるということです。

 

そこで今回はお小遣いを稼ぐためにブログがなぜいいのかなどをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


ブログ運営のための2つの戦略!

ブログを運営していくにあたって闇雲に書いていけばいいというわけではありません。

 

ブログを運営するための戦略というものがあります。つまり、あなたのブログを強くするためのものです。それが以下の2つです。

 

  • 「ユーザー向け」
  • 「検索エンジン向け」

 

この2つが「車の両輪」のようになって進んだときが一番強くなりやすいのです。

 

それぞれ詳しくみていくことにしましょう。

 

ユーザー向け

 

ユーザーとはあなたのブログに訪れてくれる人のことをさします。

 

ユーザーにとって有益になるような情報が求められています。当たり前といえば当たり前のことです。

 

いかにユーザーにとって「有益な情報」を提供することができるのかが「勝負のわかれ目」といってもいいでしょう。

 

これは、主要な検索エンジンが「コンテンツの質」を最重要視するようになったからです。つまり、「まともな人」であればあるほど評価されるということです。

 

そして、これからもますます「質を求める傾向」は強まっていくことになるでしょう。最強のSEOはユーザーが求めているものを提供できるのかどうかということです。

 

では、一体これらのことをどのように評価するのでしょうか。

 

実は、サイトの質というのは「滞在時間」や「直帰率」といったデータから算出されているであろうと言われています。

 

上質なコンテンツなら最後まで読みたいと思うのは自然なことです。小説なんかでも、どんどん先が知りたいと思わせてくれる本が良書なのは言うまでもないでしょう。

 

これらの指標がよければいいほど、ユーザーの求めているニーズを満たしていると検索エンジンにみなされるのです。

 

世の中で求められていることを提示できる人は、ネットに限らずどこでも活躍することができるでしょう。うんちくをいろいろと述べましたが、ごくごく当たり前のことですね。

 

検索エンジン向け

 

検索エンジンに対してどのような施策があるのでしょうか?

 

検索エンジンはどういうわけか「爆発」したサイトの評価を上げる傾向があります。

 

ひとつの記事に「大きな火」がついてアクセスが爆発すると、ほかの記事にも「飛び火」するということです。これはとてもオモシロい現象です。

 

つまり、一時的にでもたくさんの人から注目されるということは全体を「底上げ」する作用があるということです。

 

注目されているから他のものもユーザーにとって有益なんじゃないか?と検索エンジンは思うわけです。

 

実はこれはネットだけでなく、テレビなどでも同じようなことが起きています。

 

たとえば、テレビなどでブレークした人がその「芸」だけでなく生まれて育ってきた背景などにもスポットライトがあてられることがあります。

 

テレビで「売れっ子タレント」になることができれば、優遇された道をすすむことができるのです。1度でも火がつけばあとは「トントン拍子」で進んでいくことができる道なのです。

 

ひとつのことが突出して受けいれられになると、視聴者はこれだけでなく他のことについても知りたいと思うからなのでしょう。つまり、別のところで新たにニーズが生まれるのです。

 

このようにアクセスを定期的にでも爆発させることができれば、テレビの「売れっ子タレント」のように検索エンジンから評価されて「優遇された道」をすすむことができるというわけです。

 

では、次にどのようなキーワードで書いていけばいいのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


ブログを強くする3種類のキーワード

ここでは、ブログを最短で強くしていくための方法論をご紹介していきたいと思います。

 

ブログを書くときは3種類のキーワードがあるということを念頭においておかなければなりません。

 

  • 「ショートレンジ」
  • 「ミドルレンジ」
  • 「ロングレンジ」

 

ショートレンジ &ミドルレンジは「検索エンジン向け」、そしてロングレンジは「ユーザー向け」と言っていいでしょう。

 

それぞれ詳しくみていくことにしましょう。

 

「ショートレンジ」

 

ショートレンジキーワードとは、1度だけアクセスを集めてくれそうなキーワードのことです。

 

たとえば、テレビでお料理番組が放送されてそこで「めずらしい食材」が紹介されたとしましょう。

 

これを見ている人たちからすると「めずらしい食材」なのでさらに詳しいことを知りたいと思うわけです。つまり検索するわけです。

 

ここで、あなたが「めずらしい食材」について書いた記事があれば大きなアクセスを集めることができるというわけです。

 

ショートレンジはすぐにできるというのも特徴で、今日の夜に大きなアクセスを集めることだってできる可能性があるのです。

 

「ミドルレンジ」

 

ミドルレンジとは「季節ネタ」のことです。

 

たとえば、ハロウィンのことについて書けばハロウィンの時期になればアクセスを集めてくれます。

 

ハロウィンなどは世界にいる日本人全員に訪れるものなので、検索するニーズというものが桁違いにあります。

 

ショートレンジとは違い、来年もまたアクセスを集めてくれる可能性があるというのが大きな特徴でしょう。

 

「ロングレンジ」

 

ロングレンジはいつもニーズがあるようなキーワードのことです。

 

たとえば、英語の勉強法などについてのキーワードです。

 

日本人の全員が英語をペラペラになる日がくるまではニーズがなくなりようがありません。

 

このようにアクセスを安定的に集めてくれるものと、短期的に爆発させるものをハイブリッドで組みあわせることによって「売れっ子の道」をすすむことができるというわけです。

 

分かりやすいように例をいろいろと述べてきましたが、あなたの得意なものがいいので創意工夫をくわえてくださいね。

 

ブログやるならワードプレス

 

もし、ブログをやるのであれば最初から「ワードプレス」を使ってブログを書くことをオススメします。

 

どこかのレンタルサーバーを借りて、完全に自分で「コントロール可能なサイト」を持つということです。

 

無料ブログはオススメしません。なぜかというと「広告料」が運営している会社へ入ってしまうのでとてももったいないからです。

 

また、サービスを中止したり会社自体がつぶれてしまい、あっという間にあなたのブログがなくなってしまうことも考えられるからです。

 

ちなみに、私は「エックスサーバー」というレンタルサーバーを愛用しています。1ヶ月にかかる費用も微々たるものなのでオススメです。

スポンサードリンク


 

ワードプレスも1クリックでインストールできる仕様なので、かなり便利です。ものの5分であなたのブログを持つことが可能になります。

 

ですから初めから「ワードプレス」にとっついた方がいいのです。

 

関連する記事はこちら

 

ブログで稼ぐ!10万円講座【1】

 

ブログ収入を得る方法3つ!10万円講座【2】

 

ネットで稼ぐならブログ!10万円講座【3】

スポンサードリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ