ゲイの心理的特徴と見分け方で診断しよう!あの人は?

talk-1034161_640

ゲイの心理的特徴と見分け方で、周りの人を診断してみてはいかがでしょうか?

 

私の友達にもゲイなんじゃないのかというタッチをしてくる人がいます!タッチでホモっけがあるのかどうかってなんとなく分かりますよね!

 

近年は、世界各地でLGBTの権利運動が活発です。

 

大企業の役員が、「実はオレはゲイなんだ!」と暴露することもよくあります。

 

世界ではLGBTの権利に関する法律が通ったり、高級ブランドが「LGBT向けの商品」をつくりだしています。

 

LGBTが公の場で認められるということは、隠れLGBTの人も堂々と街を闊歩できるようになります。

 

あなたの周りにもLGBTの人がいてもまったく不思議ではありません。というか増えているのではないでしょうか。

 

LGBTだよと言われたら、

 

  • 「反応に困る」
  • 「知らない領域」
  • 「タジタジになる」

 

などと感じることはないでしょうか。

 

LGBTの人たちの心理的特徴をおさえておくことで、コミュニケーションが円滑にとれるはずです。

 

そこで、今回はゲイの心理的特徴や見分け方についてご紹介していきたいと思います。

 

また私のゲイエピソードについてもご紹介したいと思います!

スポンサードリンク


ゲイの心理的特徴と見分け方5選

ゲイの心理的特徴は大きくわけて5つに分類することができます。

 

  • 「派手でオシャレ」
  • 「性格はソフト」
  • 「キレイ好き」
  • 「ジェスチャーをする」
  • 「女友達が多い」

 

それぞれ詳しくみていくことにしましょう。

 

派手でオシャレ

派手めの色を多用したオシャレをしていることが好きです。

 

自分を表現するのが好きなため、さまざまな色使いをこなします。

 

まるで、ひとつの芸術作品であるかのような奇抜なファッションが好きです。

 

香水もマイナーで独自の香りのするやつをつけていることが多いです。

 

性格はソフト

そこらへんの男よりもルックスは男らしいです。異常にマッチョだったりします。

 

ただ、話してみると話し方だったり内容が女性よりです。心理的には女性に近いのです。

 

男性にあるような競争心というよりも、ヨコの関係を好みます。

 

そして、声色も男らしいというよりも、女らしいです。聞いていて、やらわかい感じがするのです。

 

キレイ好き

女子のように、細かいところまで管理が行き届いています。

 

髪の毛がキレイだったり、爪の手入れをしていたりします。

 

小さなアクセサリーもよく好みます。

 

女性よりも「女子力」が高かったりします。笑

 

ジェスチャーをする

繊細な表現をするのができます。

 

ジェスチャーで細かいところを表現します。おそらく無意識でやってしまうのでしょう。

 

言葉だけではな表現できないことを伝えるためにジェスチャーで補完するのでしょう。

 

歴史的にLGBTは感受性が豊かで芸術家に多いのと関係しています。

 

例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチやチャイコフスキーなどの錚々たるメンバーがゲイなのです。

 

女友達が多い

中身が女性に近いため、友達は女性友達が多いです。

 

女性からすると話しやすいし、美意識が女子レベルなために話があうのでしょう。

 

また、前と比較して最近の女性はゲイでも普通に友達だよという方も多いこともあるのでしょう。

 

男といるという感じがしないため、女性も一緒にいて楽なのかもしれません。

 

ただ、このようなLGBTなどのマイノリティなら人間関係に悩むことが少なくありません。

 

人間関係の整理については「人間関係を断捨離してリセットを3分でしよう!」で詳しくご紹介しています。

 

本当のことを言えなかったり、自分が悪いのか悩むことがあるということです。

 

他の人のことが異常に気になったりして、嫌われているのではないかとかいつも考えてしまうということです。

 

嫌われる人については「嫌われる人の特徴3つ!あなたの心理も診断してみて?」で詳しくつづっています。

 

マイノリティだからこその「やり方」があるということは知っておいた方がいいのではないでしょうか。

 

 icon-thumbs-up Column

私は、かつて友達とナンパをよくしていたことがあります!

 

ただ、ほとんどのナンパはうまくいきませんでした。

 

当然のことなのですが、ナンパで出会うという「文脈」があまりにあやしいことだからです。笑

 

ただ、そんな厳しい状況の中でもうまくいったときがあり、それは「ゲイ」であると言ったときでした。

 

最初は話につまって、とっさに俺たちゲイなんだよね!と言ったことから始まりました。

 

それ以来、ほとんどの場合でウケました笑

 

味をしめた私たちとしては毎回、今回も試してみようということで「ゲイ」として出撃していました。笑

スポンサードリンク


ゲイが多い職業3つ

上記のような心理的特徴からゲイの人たちが多くいる職業をご紹介していきたいと思います。

 

大きく分けて3つのジャンルに分類することができると思います。

 

  • 「医療系」
  • 「センス系」
  • 「美容系」

 

それぞれ詳しくみていくことにしましょう。

 

医療系

人を助けやり人に思いやりがないとできない仕事にはゲイが多いそうです。

 

例えば、「介護士」「看護師」「カウンセラー」などは弱った人を助ける仕事などのことです。

 

自分がよくなるというよりも他人がよくなって喜びが得られる仕事です。

 

センス系

ゲイは感受性がとても豊かであるということは前述しました。

 

感受性が活かされる職業として「デザイナー」「ファッション系の販売員」などが挙げられます。

 

ゲイはオシャレで色使いがとても上手なので、的確なアドバイスができそうですね。

 

感受性については「感受性が豊かで強い人の、他人がうらやむ美しい心理的特徴」で詳しくご紹介しています。

 

センスがあれば仕事として成り立つので、働きやすいのではないでしょうか。

 

美容系

ゲイは美意識が女子よりも高いということは前述しました。

 

だから、「美容師」「エステティシャン」などの職業にはゲイが多いそうです。

 

美に関しての話もはずむことでしょうし、やっていて楽しく充実感を感じられるのでしょう。

 

またお客さんは「女性の方」が多いため、仕事をしながら女性についての理解を深めることができるのも大きな理由なのではないでしょうか。

 

また職場環境においてゲイであるということが明らかになっても理解がある業界なのではないでしょうか。

 

 icon-thumbs-up Column

ゲイが出没する場所としてディズニーランドなどがあげられます。

 

テーマパークでは、夢の国と言われるように「非日常」を味わう場所です。

 

普段の自分ではなく「変身した自分」として楽しむことができるため、ゲイにも人気なようです。

 

男同士でいても不自然ではないですし、周りが気にならないのでしょう。

 

派手で華やかな場所を好むようです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ