気持ちが冷めるのを復活させられる?〜彼女・彼氏〜

hands-437968_640

気持ちが冷めるのを復活させることは可能でしょうか?彼氏・彼女の間の恋愛においてそれが可能なものなのかを検証していきたいと思います。

 

恋愛は、はじめのころはとても楽しいものです。

 

好きな人がいま何しているのだろう?など常に頭のどこかにあり、気になってしょうがいない時期です。

 

そういうった幸せな時間が過ぎると、ケンカをしたり、倦怠期に入ったりと最初のころのような初々しい気持ちで接することはできなくなってくることが多いと思います。

 

それでも、お互いに長いスパンで付き合っていきたいと願っています。

 

しかし、そううまくいくことはまれでしょう。

 

その原因をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


人間と他の動物が違う点

japanmakake-585086_640

人間どうしには、「愛」を求めて男女がくっつくことを少なくとも理想としています。

 

一方で、動物は繁殖のためにくっつきます。

 

また、人間は365日フルに発情期なのに対して、動物は1年の間のあるスパンだけが発情期なのです。

 

ただ、人間も動物の一種なので、オスはメスに種をまきちらすことが生物学的にプログラムされています。

 

ですから、男の浮気は自然の摂理ともいえるのです。

 

多くの恋愛は、ケンカだったり浮気だったり、倦怠期で相手を信じることができなくなり終わっていいきます。

 

しかし、その一方で数は少ないと思いますが、しわくちゃのじいさんとばあさんになっても仲良く人生の伴侶としている人たちもいます。

 

自然の摂理からすると逸脱している部分はあるのかもしれませんが、そこが人間らしいところであるともいえます。

 

では何が、この両者を分け隔てるのでしょうか?

 

スポンサードリンク


乾いた後が別れ目

heart-573894_640

ほぼすべての恋愛ではある一定期間を過ぎると、ドライになっていきます。

 

はじめの初々しさはなくなり、どこかよそよそしく感じられたりするときがくると思います。

 

ここがターニングポイントだと思います。

 

ここで一緒にいて何か違うなと感じるようであれば、次の相手を探すべきでしょう。

 

ぐずぐずしている暇はありません。

 

人生の時間はかぎられていますし、とても短いのです。

 

ターニングポイントで、ある種の空気のような存在になっていればそれは人生の伴侶になる可能性があるでしょう。

 

空気を吸うのが当然であることのように、相手が自分の周りでいることが当然であるような感覚です。

 

あなたの愛着のあるものでも、なくなったとき慌てふためき、そのピースの重要性がはじめて理解できることってありますよね?

 

そういうことです。

 

もし、あなたが人生の伴侶に会った場合、別れることは不可能なのです。

 

誰かが引き離そうとしてもそれは引き離せないものがあるのです。それが「愛」であり、出会うべきパートナーです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ