手がかじかむ原因と対策3つ!ホメオスタシスとは?

girl-623384_640

手がかじかむ原因と対策はどのようなものなのでしょうか?

 

私たちは、冬になると寒さのあまり「手がかじかむ」ことがあると思います。

 

手がかじかんでしまうと「キーボードをうつ」ことや、「ピアノをひく」ことにも影響が出てきてしまいます。

 

勉強するときに「ペン」を動かすこともできなくなってしまいます。

 

あらゆる「細かい動き」が抑えられてしまうわけですから、生活のあらゆるシチュエーションで不便に感じることでしょう

 

ところでタイトルの「ホメオスタシス」とはどのようなものなのでしょうか?

 

実は、この「ホメオスタシス」という身体の機能が「手がかじかむ」ことに大きくかかわっています。

 

「ホメオスタシス」の機能を説明して、本当の「手がかじかむ原因と対策」をご紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク


ホメオスタシスとは?

ホメオスタシスは「外界の環境」に対してバランスのとれた状態を保つように働く機能のことを言います。

 

私たちの身体は、一定の状態を常に保とうとしようとするわけです。

 

例えば、私たちは気温が暑いと「汗」がでます。

 

出た「汗」が蒸発することによって身体の温度を下げようとしているわけです。

 

反対に、気温が寒いときなどには身体を「ガタガタ」震わせます。

 

ガタガタ震わせることによって身体の温度を上げようとしているのです。

 

強制的に運動をさせていると言ってもよいでしょう。

 

実は、ダイエットが失敗するのもホメオスタシスの機能によるものだと言われています

 

「リバウンド」するのは、常に一定の状態を保とうとする働きがあるため元に戻ろうとするのです。

 

ダイエットに成功するためには、もともとの一定の状態自体を変える必要があります。

 

 icon-thumbs-up ポイント

風邪になって「発熱」するのもホメオスタシスの働きによるものです。

 

身体に「発熱」をうながすことによって、「免疫機能」が高まるからです。

 

なぜなら、免疫機能は「38℃前後」になると活発に働くようになるからです。

 

発熱させることによって、身体の「病原菌」をやっつけているのです。

 

スポンサードリンク


手がかじかむ原因とは?

ホメオスタシスの観点からすると手がかじかむのはなぜなのでしょうか?

 

外界の温度が寒くなっても、身体の温度を一定に保とうとする働きがあることは前述したとおりです。

 

「手がかじかむ」のはその働きのひとつです。

 

「手がかじかむ」ことで指の動きを抑えて、身体を震えさせることにエネルギーを使いはじめるのです

 

外界の温度に影響されて、「深部体温」が低くなることはとてもヤバい状況です。

 

深部体温が低い状態が続くと「低体温症」となり、動物にとっては危機的な状況になるからです。

 

これを防ぐために、優先的に「深部体温」を温めることにエネルギーを使うようになります。

 

つまり、ガクガク震わせて体温を上げようとするのです。

 

そのために、どこかの動きを抑える必要が出てきます。

 

その結果として「手がかじかむ」わけです。

 

実は、人間の「細かい動き」というのは多くのエネルギーを消費してしまうのです

 

このように、人間の身体は外界に対してとても柔軟に対応できるようになっているのです。

 

ホメオスタシスがしっかりと働くことは、私たちが健康に生きるのにとても大切なことなのです。

 

睡眠が耳栓とアイマスクで劇的に「質の高い睡眠」になる」ではクオリティの高い睡眠ととるために必要なことを説明しています。

 

クオリティの高い睡眠は、「ホメオスタシス」や「免疫機能」をしっかりと働かせるということに大きく関係しています。

 

「健康」や「美容」などにダイレクトにつながってくるのです。

 

手がかじかむことの対策

「ホメオスタシス」がしっかりと働いていれば身体がガタガタ震わせることによって、身体は温まるようになっています。

 

あなたも、自然と「手がかじかむ」のが消えた経験があるのではないでしょうか?

 

「深部体温」が元に戻れば、「手がかじかむ」必要性はなくなるのです。

 

では、「手がかじかむ」ことに対しての対策は放っておけばいいのかというとそうではありません。

 

温めればいいのです。笑

 

運動をする

運動をすれば「深部体温」があがり、「手がかじかむ」ことは自然と消えていきます。

 

「運動」といっても激しい運動は必要ありません。

 

「ウォーキング」や「ジョギング」などで効果があります。

 

身体の芯から「ポカポカ」になりますよ。

 

カイロを持ち歩く

冬になるとカイロは必需品になる人は多いのではないでしょうか。

 

ポケットに手をつっこんだときに、温かいカイロがあるとすぐに手が温かくなります。

 

持続しなかったりするカイロもあるのでチョイスするときは注意が必要です。

 

さらに、気をつけたいのは季節ものなので時期を逃すと薬局からは消えてしまいます。

 

「持続力」も抜群のカイロを念のためにご紹介させていただきます。

 

 

手袋をつける

今も昔も、定番の寒さ対策をしてくれるのが「手袋」です。

 

 

スマホの操作もできて、かなり便利なアイテムです。

 

ただ、「手袋」だけでは「手がかじかむ」のを防ぎきれません。

 

そのため、3つのハイブリッドで対策をするととても有効です。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ