感じやすい人の心理的特徴3つを大公開!

balloons-388973_640

感じやすい人の心理はどのようなものなのでしょうか?

 

感じやすいというのは、ある「刺激」にたいして何かを感じてしまうことを言います。

 

人が感じていないようなことに対しても、自分だけが感じてしまうこともあるでしょう。

 

もちろん、ある「刺激」によって想起されるものには「プラスのもの」や「マイナスのもの」も両方含まれます。

 

例えば、

 

  • 「恋愛でドキドキする」
  • 「仕事で疲れた」
  • 「物語に感動する」

 

などのことなのではないでしょうか。

 

感じやすい人の特徴を知ることはあなたの人生に刺激をもたらすことになるでしょう。

 

なぜなら、感じやすい人になるなることができれば「刺激」に敏感になることができるからです。

 

本人からすると刺激が増大したと感じるのではないでしょうか。もしくは、さらなる刺激を求めるようになるのではないでしょうか。

 

これからの活動を「あなたに刺激を」をテーマにしていこうかと思ったほどですwすみません、冗談ですw

 

そこで、今回は「No 刺激 , No ライフ」 がいかに大切なのかをご紹介していきたと思います。

スポンサードリンク


感じやすい人の心理

感じやすい人の心理とは、「その世界の虜」になってしまいやすい人のことを言います。信じやすいとも言えるでしょう。

 

たとえば、占いを信じやすいなどがそうでしょう。信じるのか、信じないのかという、ただそれだけの話です。

 

また、信じさせることができるのか、できないのかと言うこともできます。

 

感じやすい人というのは男性よりも女性の方が多いと思います。占いに行くのも女性が多いでしょう。

 

世界の虜になっている最中は、目がうつろみたいで、どこかをボーッと眺めているような顔つきになるかと思います。

 

何でもかんでも受け入れてしまう状態だと言えるでしょう。ある意味で、「感覚が開いた状態」です。

 

占いを聞いている最中の表情はおそらくこのような感じなのではないでしょうか。

 

潜在的に、何かを呑み込みたいという強い欲求があるのだと思います。そして、それは刺激的なものであればあるほどいいのです。

 

いや、かなり刺激的なものでなければなりません。刺激的であるほど、呑み込んでることに快感を覚えるからです。

 

まるで、何かにしっかりとしがみつくような感じとも言えると思います。

 

少し話しはそれますが、私はまったく「刺激」が足りていませんでした。だから、感情が動くようなことを探していました。

 

日々の時間は、まるでベルトコンベアーに乗せられたかのように自動的に進んでいくばかりでした。

 

車はオートマがいいですが、人生はマニュアルがいいですね。(<- 謎w)

 

生活の中で「感情」が動くようなことはほとんどなく、枯れ果てた砂漠のようなものでした。

 

ただ真面目で、何も行動しないとなるとこれはもうすでに「ハリボテ化」が相当なことになっています。

 

ちなみに、ハリボテとは見かけだけが良くて、中身が伴っていないことをいいます。

 

「第3次ハリボテ世界大戦」では相手をフルボッコにする自信がありますw

 

あぁ今日の天気よくていい日だわぁみたいな「ささやかな心地よさ」のようなものはありましたが、私が欲しかったのはもっと図太い刺激です。

 

太平洋ベルトのような刺激です。ボケてるけどオレも意味わかんないっすwww

 

こんな状態が続くとなれば、オレの人生は終わっているのも同然。と薄々感じていました。

 

そこで思いついたのは、恋愛に対して積極的になるということです。

 

ところで、その昔に見た、アンナカレーニナという映画で印象に残っているセリフがあります。

 

Do you want me to go?(オレにどこかへ行ってほしいのか?)」

 

「Noーーーーーー!(イヤよーーーー!!!)

 

というセリフですw表情も伝えたいけど、さすがにキツい。何かにまとわりつくような感じかな?w

 

女性は嵐の中で、電柱に必死にしがみつく人のような感じで「No——–!」というのですが、これがまたイイ。(¬v¬)www

 

もし、こんなセリフを言わせることができれば、オレの人生にも花が咲くだろうという希望的観測が発動したのは言うまでもないでしょう。

 

見ている人を積極的にする映画ですので、時間があるときはオススメです。

 

ドMな人の心理については「ドMな人の特徴5つと心理的性格を大公開!あなたは?」で詳しくご紹介していますよ。

 

結局なにが言いたいかと言うと、積極的になるということ自体が、私にとってはかなり感情が揺さぶられることだということです。

 

新しく人間関係が始まるということはひとつのスタートであり、期待と不安で胸騒ぎがすることには前々から目をつけていました。

 

もちろん、今までは私は自分からアプローチすることはなかったです。

 

これまでは声をかけるなどがあるときは、何か「特別な用事」があるときだけでした。

 

しかし特別な用事など「アンネセサリー(unnecessary、不必要)」なことに気づいてしまったのですw

スポンサードリンク


結局、感じやすい人って?

で、最終的に感じやすい人とはどういうことなのでしょうか?感じやすい人については3ミリも書いていませんw

 

オレがいかに刺激を強くしたいかという願望文を書いてきたに他なりませんw

 

ただ、ひとつ言えることは感じやすい人というのは「感じる対象」を見つけた人のことを言うというシンプルな理論に落ち着いてきますね。

 

まぁこの理論の発明者はオレなのですがwそして、出来あがった日時ははさっきで「出来立てほやほや」のセオリーですw

 

どこに不時着するのかと思いきやそれなりの場所に着陸することができましたwえ、そう思ってるのは、オレですかね?w

 

今までは、それこそ「他人の理論」を紹介していくみたいなスタイルでしたが、ちょくちょくオレの理論も放り込んでいこうかと思います。w

 

やめてくれという方はお問い合わせより連絡をください。ただ、やめるつもりは毛頭ありません。w

 

今回の記事はかなり攻め込みましたが、ものごとには「前衛と後衛」があるように、しっかりと後衛を用意しております。

 

感受性が豊かで強い人の、他人がうらやむ美しい心理的特徴」ではしっかりとした解説を行っています。

 

また、「自分の幸せ」についても考える機会となれば、かなりいい感じに仕上がったのではないでしょうか。

 

幸せについては「幸せとは?幸せになる方法とヤバい3つを心理的に解説!」を参考にしてみてください。

 

まぁ、自分で言うのもなんなんですけどねw

 

ってことで、おしまい。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ