嫌われてる気がする心理とサイン3つ大公開!あなたは?

mannequin-1208188_640

嫌われてる気がする心理やそのサインはどのようなものなのでしょうか?

 

人と関わっている以上、あなたに嫌いな人がいると思います。少なくとも苦手な人はいるでしょう。

 

だから、あなたのことをそのように思う人がいても不思議ではないどころか、実際にいるでしょう。

 

ただ、そういうことを分かっていても嫌われてると感じるというのは、まったく気持ちいいものではありません。

 

嫌われてる気がするなら、

 

  • 「私はどこかダメなのか?」
  • 「いい気がしない」
  • 「仲間はずれにされるのかな?」

 

などのように感じるのではないでしょうか。

 

どれくらい嫌われてるのかなどは、自分ではまったく分からない領域です。

 

だからこそ「ネガティブな想像」だけが、どんどんと膨らんでいくのではないでしょうか。

 

つまり、「ネガティブな思考」がさらなる「ネガティブな思考」を呼び起こしていくということです。

 

「心ここにあらず」みたいになり、目の前のことに何も手がつかなくなるでしょう。

 

そこで、今回は嫌われてる気がするときどのようにすればよいのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


嫌われてる気がするときはこれをチェック!

嫌われてる気がするときは、どのようにしたらよいのでしょうか?

 

人間が誰かを嫌う心理は、実はとてもシンプルです。

 

実は、「持たざる者」が「持つ者」を嫌いになり、嫌がらせを行うのです。

 

人間も動物の1種でありますので、「縄張り」が存在します。自分のレベルのことでもあります。

 

縄張り圏内では、自分の心地よさを感じることができます。

 

そして、縄張りをあらすような「よそ者」がいるのであれば排除して自分を納得させるのです。

 

「よそ者」というのは心地よさのレベルが異なるような相手のことです。

 

相手を否定することによって、自分の中で「整合性」をとろうとするわけです。

 

とりあえず、叩けそうなところをピックアップしてきて「だから、アイツは悪い」と自分を納得させるのです。

 

実際にやるのかどうかは別として、少なくともこのような心理が働くのです。

 

例えば、年収が10倍も異なれば「同じ空間」でいることに対して「居心地の悪さ」を感じます。

 

反対に、年収が同じくらいだと居心地よく過ごせます。まさに、類は友を呼ぶなのです。

 

だから、嫌がらせをする人は、自信がなかったり嘘を平気でついたりします。

 

嫌がらせをする人からすると完全に「縄張り」があらされたと感じるのです。

 

自分が人間として当然もっているべきであろうものを持っていないからです。

 

だから、嫌がらせを受けるということは実はあなたが多くを持っているという証拠でもある可能性があるのです。

 

成功者はよく叩かれていますが、そういうことなのです。叩かれてはじめて「成功者」とも言えます。w

 

嫌われるのは気分がいいというわけではないですが、別に悪いことでもないということです。

 

成功者は「普通の人」からするとかけ離れた存在です。あなたを攻撃することによって自分を安心させている可能性があるのです。

 

友を類にしてしまおうという心理が働くということです。

 

自分の強みを持っていない「自分のない人」だということができます。

 

このように、自分に問題があると思っていたとしても、実は「他人に問題がある」ときがあるということです。

 

アドラー心理学では、このようなことを「課題の分離」と言われています。

 

「問題の所在」を明らかにするところから、すべての対策は始まります。

スポンサードリンク


嫌われてるサイン3つと対処法!

直接コミュニティから出て行けとは言わずに、遠回しで伝えられるところがあります。

 

たとえば、「追い出し部屋」や「窓際族」などと言われるように、隔離するんですw

 

メインストリームとなるような話題をわざと知らせなかったりするのです。

 

「グループ + α」となるような存在にされてしまうのです。

 

「物理的」には同じ空間にいるのですが、「心理的」には同じ空間に入らせてはくれなくなります。

 

以下のような特徴3つが表れることになるでしょう。

 

  • 「心を通じさせない」
  • 「知らない話題」
  • 「SNSから抹消」

 

それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

心を通じさせない

笑っているけど、目が笑っていなかったりします。心では笑っていないのです。

 

挨拶をしてもそっけない返事が返ってくるだけのときもあるでしょう。

 

明らかに自分だけが冷たくされているように感じるでしょう。

 

場合によっては「存在自体」を否定されて、無視されることもあるでしょう。

 

知らない話題

わざと、知らない話題をして盛り上がったりします。

 

まるで、仲間はずれな状況が「快感」で喜んでいるように。

 

相手がグループから外れているということを実感できて嬉しいみたいなw

 

つまり、「他人の不幸は蜜の味」を発動させるのです。相手に不幸なことを自分でつくっているにもかかわらず。w

 

このようなときは、「人間関係の整理」を行った方がいいかもしれません。

 

人間関係を断捨離してリセットを3分でしよう!」では人間関係の整理について詳しくご紹介しています。

 

SNSから抹消

知らない間に、SNSから自分が抹消されてることがあります。

 

私もSNSから抹消されたことがあるのはここだけの話ですw

 

「あれ、ひょっとしてオレ消されてる?」となったときは、完全に心臓に悪いですw

 

くれぐれも、心臓とかPTSDとかには気をつけてくださいねw

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ