視線をそらす心理は男性と女性で、雲泥の差がある

girl-832297_640

視線をそらす心理は男性と女性で、かなり大きな差があるのをご存じでしょうか?

 

私たちは生活をしているとたくさんの人、異性もふくめて関わっています。

 

「目は口ほどに物を言う」ということわざが存在するように、目の動きというのは人の心の深いところを表しています。

 

お互いに視線があったときたいていの場合は、きちんと人の目を見てコミュニケーションをとりますが、私たちは視線をそらされるとあまりいい感情を持たないと経験的に感じています。

 

視線をそらされると背をむけられ、まともに取り合ってくれない無愛想な印象をもつからです。もっと言うと、嫌われているのではないかとビクビクすることもあることでしょう。

 

ただ、表面的なところを見ているとそういったように感じますが、実は視線をそらす心理は男性と女性で大きく異なる意味を持ちます

 

視線をそらす心理を理解することは、恋愛などで相手のことをより深く理解することにもつながり、あなたの恋愛の質は必ず高まっていくことでしょう。

 

そこで、男性と女性で視線をそらす心理を詳しく説明していきます。また、異性を射止めるための別の方法もご紹介していきますのでお楽しみに。

スポンサードリンク


視線をそらす女性はドキドキしている!?

apples-635239_640

男性と女性で視線があったとき、女性が視線をそらすことがあると思います。

 

このとき男性としては、せっかくあなたとしっかりコミュニケーションをとろうとしているのに「そっぽを向かれた」と思ってしまいます。

 

仲良くなろうとしているのに、視線をそらされるだけで仲良くなれないのかなと不安に思ってしまいます。

 

しかし、前述したように視線をそらされたという表面的なことだけで判断してしまうのはもったいないことです。

 

なぜなら、表面的なことだけで人間の本当の心の作用は分からないからです。

 

実は、男性と目があって視線をそらす女性というのはドキドキしている可能性が高いのです。ソワソワしてしまうのです。

 

それは、女性は好きな人を前にすると正面から相手と目を合わせることができないほど照れるからです。

 

もっと言うと、男性に対してドキドキしている本当の心の作用を知られるのが恥ずかしいから視線をそらすのです

 

女性は意識的にしているのではなく、無意識的におこなっているのです。

 

反対に、きちんと視線をそらさずに相手の目をきちんと見てコミュニケーションできる人には恋愛感情は芽生えません。

 

たまに、男性が女性と目とあって脈ありと思ってしまうことがあると思いますが、それは間違いです。

 

視線をそらした女性こそが恋人の対象になる可能性を秘めているのです。

スポンサードリンク


男性が視線をそらすのは脈なし!?

people-516370_640

反対に、男性が視線をそらすのはどうでしょうか?

 

男性は種の保存において、本能的に女性に種をまき散らすことが強力にインプットされています。

 

どのような動物においても同様なことです。

 

ですから世の男性たちの浮気はそう簡単にはなくならないわけです。

 

そんな男性が女性と視線があったなら、どんな女性なのか吟味をするために視線をそらすことはありません

 

細かなディテールまでチェックして、種を植え付けられるなのかを瞬時に判断しているからです。

 

あなたが女性であるなら、道を歩いていると視線を感じるのはとても自然なことなのです。

 

多くの男性たちがあなたを実際に見ているからです。

 

そして、脈ありの女性に対してはずっと見続けようとします。

 

しかし、脈なしの女性に対しては途中で視線をそらします。

 

吟味のチェックが終了して、脈なしという判断をしたからです。

 

もし、あなたが男性に目をそらされたなら脈がなかったのだと思っていいことでしょう。

 

余談ですが、他のしぐさにも興味がある方は「腕を組む・足を組む心理とは?全く異なる2つの意味」を参考にしてみてください。

 

それでも、お気に入りの男性の心を射止めたいときがあると思います。そんなときはどうすればよいのでしょうか?

 

それは世の中の「あげまん」と言われる人が答えを与えてくれます。「あげまん」の人たちは別のルートでお気に入りの男性を射止めているからです

 

別のルートがきちんと存在するということです。

 

知らないと不幸になるあげまん・さげまんの意味と3つの特徴」を参考にしてみてください。

 

「あげまん」になることができればあなたは異性に引っ張りだこになることでしょう。

 

「あげまん」の人によって自分が引き上げられることを知っているからです。

 

私のエピソード。

私は中学生の頃に、同じ学校の女子に一目惚れをしたことがあります。

 

私は、それまで一目惚れとかをすることがないのですが、見た瞬間に好きになってしまいました。

 

好きになるのに、「コンマ一秒」もかかっていません。

 

外見はもちろんのこと、透き通るようなキレイな肌や、雰囲気にハマってしまいました。

 

どんな立ち振る舞いだろうと、120%満たされました。

 

授業中に足を組かえる姿、休み時間にトイレに行く姿、体育から教室へかえってくる姿、どこから彼女を見ても「ヤバい、かわいい」みたいになりました。

 

話もしたことがないのに、かわいいというだけでテンションがかなりあがって、友達に「やばい、やばい」とか言っていました。笑

 

しかし、これだけ好きすぎると「身動き」がとれなくなってしまいました。

 

本当は同じ空間で眺めているだけで、正直満足できるのにもかかわらず、「興味がない素振り」をみせてしまっていたのです。

 

同じ空間でいることを避けてしまうようになったのです。

 

好きすぎると話することも近よることもできない「神聖な存在」となってしまったのです。

 

一歩ふみ出すことによって、「神聖な存在」でなくなるのが怖かったのかもしれません。

 

結局なにもないまま終わってしまいましたが、それでもかなりいい思い出として私の中にあります。

 

最後に

私たちは他の人の本音がどうなのかを気にすることがあると思います。

 

ただ、それも相手の表情やしぐさにしっかりと本音が表れているので、これを機にしっかりと読み取っていくようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ