居場所がない理由から分かる、忍びよる悪魔のささやき

sisters-838985_640

居場所がない理由はどのようなものなのでしょうか?居場所はだれでも欲しいものだと思いますし、居場所がないと生きていくのがイヤになるものだと思います。

 

人はどこかに「居場所」があって、はじめて仕事などに集中できる環境ができあがるといってもいいでしょう

 

反対に、居場所がないと常に「不安」がつきまとい、何事にたいしても前向きになるのが難しくなります。

 

これからの時代は間違いなく「居場所がない」という思う傾向が強くなることは間違いありません

 

ネットを見ていると居場所がないことに対して、

 

「自分を許してあげよう」「自分の中に居場所がある」など自分の中にこそ根本的な原因があるように書かれてあります

 

しかし、もっと大きなフレームとして居場所というものを捉えていなければなりません。

 

そこで、現代の人が居場所がなくなったと感じるプロセスはどのようなものなのかご紹介していきましょう。

 

原因をしっかりと見つめれば、「居場所をつくる方法」はおのずと見えてくるでしょう。

 

スポンサードリンク


なぜ居場所がなくなった?

man-879094_640

そもそもどうして「居場所がない」と思うようになったのでしょうか?

 

普通に考えれば、社会的な生活をおくっている限りそこには他の人はいるはずです。

 

例えば、あなたが社会人なら会社にいけば人はいるわけです。

 

たくさんの人と関わっているはずなのに、なぜか「居場所がない」と感じるわけです。

 

これはどういうことなのでしょうか?

 

私はマーケット色が強まったことに原因があると思います。

 

一昔前までは、会社は利益を追求する団体であると同時に、ファミリー的な要素があったからです

 

会社の人の中に、自分の居場所を見出す人が大多数を占めていたわけです。

 

ただ、近年ではマーケット色が強くなり、人件費を削減するためにさまざまな工夫がこらされています。

 

会社内は単なる競争するだけの場所になっています。

 

いつ自分のクビが切られるのか分からないという状況は、心理的に気持ちいいものではありません。

 

給料も増えることはありません。

 

人は「居場所」があって、はじめて仕事などに集中できると前述しましたが、居場所がない状況では仕事にも安心して取り組むことはできないのです。

 

マーケット色が強まっている昨今、聖域に手がつけられはじめているのです

 

例えば、おばあちゃんやおじいちゃんは別に用事はないけれどお医者さんに行くと聞きます。

 

おばあちゃんやおじいちゃんはの居場所はお医者さんが担っているのです。

 

ここにいけば誰かと会うことができ、話をすることができるだろうということです。

 

友達なのかもしれませんし、かかりつけ医の人なのかもしれません。

 

人は、仕事以外にこのようなところが欲しいものなのです

 

「家族」というのも聖域のひとつです。

 

ただ、最近は離婚率が高いというデータがあります。(<- どういう理由なのか個人的にかなり興味がある笑)

 

3組に1組は離婚です。笑

 

家族円満は解決のひとつであることは間違いないです。

 

いずれにせよ、これからはもっとマーケット色の強い傾向が強まっていくことは間違いありません。

 

それに伴い、個人の居場所つくりは活発になっていくことでしょう。

 

スポンサードリンク


これからは自分で居場所をつくるしかない

friendship-659707_640

では、どのような基準で「居場所つくり」をしていけばいいのでしょうか?

 

それは、「人と比べたりしない」という関係性ではないでしょうか

 

もともとマーケットに入っていなかった人間関係というのは、そういうものです。

 

マーケットのものというのは「ランキング」がつき、「競争」がつきものだからです

 

神経をとがらせていなければならない緊張状態です。

 

その対極にある関係性だといっていいでしょう。

 

今回は、社会構造としての変化という文脈から「居場所」について説明しています。

 

別の文脈から知りたい方は、「孤独が寂しい・辛い人のための3つの対処法」を参考にしてみてください。

 

ただただ同じ場所にいたいということでしょうか

 

「緊張」と「リラックス」の状態を自分なりにつくっていくことが大切なのです。

 

実は、自分で居場所をつくるという動きはすでに表れています。

 

例えば、最近はシェアハウスが流行っているそうです。

 

彼らはこのようなことを意識的にしているのか、無意識で行っているのかは分かりませんがすでに行動を開始してます。

 

あなたの対処に少しでも役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ