疲れがとれない人が、疲れを取る方法は?3秒で解決!?

person-731165_640

疲れがとれない方が、疲れを取る方法はあるのでしょうか?

 

近年、疲れがとれないまま次の日をむかえる人が急増しています。

 

疲れたままの状態で、次の日をむかえたなら、

  • 「身体がだるい」
  • 「すぐ息切れする」
  • 「足が重い」

 

などのことを感じるのは当然でしょう。

 

身体のあらゆるところに「重り」をつけて生活しているように感じるのではないでしょうか。

 

反対に、スッキリとした朝を迎えられたならその日はハッピーな気持ちで過ごすことができるでしょう。

 

みずみずしい「透き通った世界」を見れるのはひとつの幸せの形です。

 

ただ、よくよく考えれば1日の疲れをリセットするのは当たり前のことです。

 

なぜ、このような状況に陥ってしまったのでしょうか。

 

実は、「ある物の増加」とともに「疲れがとれない人」が増えていることが分かります。

 

ここでは、疲れがとれない方のために、疲れを取る方法を余すところなくご紹介していきたいと思います。

 

今日からしっかりと疲れが取れる習慣を身につけてくださいね。

 

スポンサードリンク


疲れを取るメカニズム

まず、はじめに疲れを取るメカニズムについてご紹介していきましょう。

 

人の疲れをとることができるのは「睡眠」のときです。

 

なぜなら、「睡眠」では「成長ホルモン」が分泌されるからです。

 

「成長ホルモン」は細胞の修復をしてくれるホルモンです。

 

そして、「成長ホルモン」は睡眠中のみに分泌されるのです。

 

起きているときは分泌されないのです。

 

成長ホルモンがしっかりと分泌されたときは、スッキリした朝をむかえることができます。

 

ところで、睡眠には2種類あります。

  • 「レム睡眠」
  • 「ノンレム睡眠」

 

の2種類です。

 

「レム睡眠」中は、記憶の整理などを行っており頭はしっかりと働いている状態です。

 

「ノンレム睡眠」中は、頭もしっかりと休息した状態に入ります。

 

睡眠中は、この「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」が約90分ごとに交互にくり返されています。

 

肝心の「成長ホルモン」は「ノンレム睡眠」中のみに分泌されます。

 

そして、成長ホルモンは「ノンレム睡眠のクオリティ」に比例してたくさん分泌されます。

 

このことから分かるのは「ノンレム睡眠」の質を高めることが大切だということです。

 

つまり、深い睡眠をとるということです。

 

浅い眠りしかとれないならば、疲れがとれないということなのです。

 

そして、疲れがとれない人が増えているということは、浅い眠りしかとれていない人が増えているということです。

 

ある物の増加とともに疲れがとれない人も増加していると前述しましたが、何なのかを見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


疲れがとれないのはなぜ?

いまや、スマホは私たちにとって必須の道具です。

 

あなたは眠るときに、枕元に「スマホ」を置いていませんか?

 

入眠のときは、「メラトニン」というホルモンが分泌されています。

 

「メラトニン」とは、眠りに誘うホルモンのことです。

 

「メラトニン」が分泌されて眠たくなって「あくび」が出て、眠りに落ちるのが入眠のメカニズムです。

 

実は、スマホの画面から発せられる「ブルーライト」は「メラトニン」の分泌を抑制してしまいます。

 

つまり、目が覚めてしまうのです。

 

「メラトニン」が消えてしまえば「ノンレム睡眠」で分泌されるはずの「成長ホルモン」の分泌も減少してしまいます。

 

睡眠の質が、著しく低下してしまうのです。

 

その結果として、疲れが取れなくなってしまうのです。

 

スマホなどの携帯電話の普及とともに「不眠症患者の数」が増えているのです。

 

あなたは、寝っころがってスマホをいじるという習慣に心あたりがありませんか?

 

次は、いよいよあなたが今日の夜から疲れをとるための睡眠をとるにはどうしたらいいのかご紹介していきましょう。

 

疲れをとるには?

今日から質の高い睡眠をとり、疲れをとるためにやっていただきたいことは3つです。

  • 「日中に太陽の光を浴びる」
  • 「寝る前は光を遮断する」
  • 「興奮する飲み物は飲まない」

 

ではひとつずつみていきましょう。

 

心理的なストレスをため込まないことも大切です。

 

詳しくは「病み期の症状と治し方2つ!あなたは大丈夫?」をご参考にしてみてください。

 

日中に太陽の光を浴びる

メラトニンは朝、光を浴びて「14~16時間後」に分泌されます。

 

朝7時におきる人なら、朝日をしっかり浴びることによって夜の9時ごろからまたメラトニンが分泌されはじめるというわけです。

 

光を浴びないと、ぼーっとして身体が活動モードにならずに体内時計も狂ってしまうのです。

 

つまり、体内時計をしっかりと整えておくということです。

 

寝る前は光を遮断する

寝る前に気をつけていただきたいのは、スマホの光です。

 

なぜなら、スマホのブルーライトは身体に「太陽の光」であると思わせてしまうからです。

 

これから寝るというのに「メラトニン」を消してしまうのです。

 

ですから、身の回りの光を間接照明くらいの「薄暗い光」に調整して睡眠モードを整えておきましょう。

 

寝る2-3時間前くらいからは「睡眠モード」で照明を整えておきましょう。

 

それでもスマホをどうしてもいじりたい方は「ブルーライトカット」のメガネを着用して使いましょう。

 

興奮する飲み物は飲まない

夜に「お酒やコーヒー」などを飲むと睡眠の質を下げてしまいます。

 

お酒のアルコールにしても、コーヒーのカフェインにしても目を覚まさせる効用があります。

 

朝とか昼に、コーヒーを飲むのは問題ありません。

 

ただ、夜にコーヒーはやめておきましょう。

 

疲れがたまっているときは、アルコールをとるのは控えましょう。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ