プラトニックラブの時代が到来しているのか!?

heart-583895_640

プラトニックラブの時代が到来しているのでしょうか?

 

これまでは、プラトニックラブは一般の人にはまったく理解されないものとされてきました。

 

それは一般の多くの人にとって経験的にありえないからです。

 

しかし、それはいま現在そうともいえないのではないかということです。

 

現代は「性」というトピックについても話題になるときです。

 

それは世界各地で「レズ」や「ゲイ」の正当性が法律レベルで認められたりしているからです。

 

近い将来、「プラトニックラブ」もまた話題になるのではないかと私は思っています。

 

スポンサードリンク


プラトニックラブってなに?

couple-260899_640

そもそもプラトニックラブとは、男と女の恋愛で身体を求めない、精神的な愛のことです。

 

プラトニックというのは、哲学者プラトンがあまりに理想主義者だったため、そこから派生してきています。

 

ただし、プラトン自身は理想主義者ではあったものの、プラトニックラブの実践者ではなかったようです。

 

また、結婚するまでは貞操を守るというのもプラトニックラブの意味にあるようです。

 

これなら少し前の日本ならあったことなのではないでしょうか。

 

もしあったと仮定して、それまでずっと貞操を守ってきた人たちが結婚を境にすぐに馴染んでいけるものなのかは疑問ですが。

 

スポンサードリンク


草食系男子はプラトニックラブ!?

pretty-woman-635258_640

ただ、いまの日本の若い人たちは限りなくプラトニックラブのような感情を持っている人が多くなってきているのではないかと感じます。

 

例えば、昨今よくいわれている「草食系男子」というものです。

 

草食系男子とは女子にあまり興味がなく、彼女がほしいとも思わないような男の人たちのことです。

 

ただ、不思議なのは、彼らは全く女性に興味がないのではないということです。

 

ちゃんと、AKB48だったり初音ミクは好きだったりします。

 

私の友達でも、いつの間にかAKBのファンになっていて、彼女はいないけれど月に1度はAKBのライブに行っている友達がいます。

 

しかもわざわざ関西から東京のライブ会場まで足を運ぶほどの熱心なファンです。

 

物理的にいる女性たちが目には入らず、マスコットキャラクターのような女性は大好きなのです。

 

これはプラトニックラブとは実際に付き合っている男女間で起こるものとされていますが、私の友達のように付き合ってはいなくてもその女性をきちんと好きな人もいるのです。

 

というより、その傾向が強くなってきているのではないでしょうか。

 

好きといってもざっくり分けてとライクなのかラブなのかは本人の心の中に答えはあるのですが、少なくとも本州を横断するという行動をきちんととっているのは確かなのです。

 

増えている草食系男子の方も全く女性に興味がないのではなく、きちんとアニメのキャラクターや芸能人でなら好きな人はいるのです。

 

プラトニックラブはほとんどの場合はありえないと言われていましたが、プラトニックラブのようなものを草食系男子と言われる若い男性たちは実践しているのにとても興味があります。

 

これからのプラトニックラブの話題が楽しみですね。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ