赤ちゃんの読み聞かせの効果と方法3つ!天才になれる!

person-987557_640

赤ちゃんの読み聞かせの効果と方法はどのようなものなのでしょうか?

 

赤ちゃんのときの時期はとても大切な時期です。

 

「三つ子の魂百まで」ということわざをあるように、その後の一生の人生に影響を与えるからです。

 

赤ちゃんのときの「経験」が一生を決めると言っても過言ではないのです。

 

このときに、しっかりとした経験をつむことができれば自然に豊かな人生になっていくことでしょう。

 

そして、特に大切なのが「読み聞かせ」です。

 

なぜなら、「人間は言葉の生き物」だからです。

 

言葉がしっかりとしている人は、「豊かな人」とも言えるでしょう。

 

それに加えて、「衝撃の統計」があります。

 

「年収が上がるに比例して、本にあてる金額が増える」という統計が出ているのです

 

つまり、お金を持っている人ほど読書をしているということです。

 

「言葉」をしっかりと育てるということは、「お金」にも直結するということなのです。

 

そして、「読書の習慣」は幼少のころに培われたものなのでしょう。

 

もちろん、お金だけではありません。

 

自分の能力を「開花」させて、立派な「成績」をおさめた人の、その「基盤」は幼少のころに培われています。

 

そこで、今回は「読み聞かせ」について効果・方法などをご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


読み聞かせで「天才」になった話

まず、「読み聞かせ」ではるかに能力をのばした女の子の話をしましょう。

 

彼女の名前は「クシュラ」。

 

彼女は、複雑な「障害」持って生まれてきました。

 

物を握ることもできず、指先からむこうは見ることもできませんでした。

 

複数のお医者さんからは「身体的にも、精神的にも遅れている」という診断をうけることになりました。

 

 

しかし、クシュラの「両親」はどうにか我が子を成長させられないかと思い、生後4ヶ月から徹底的な「読み聞かせ」をするようになります。

 

「1日14冊」という衝撃的な数です。

 

このような「両親」の愛のによって、クシュラは5歳になるころには一人で本を読むことができるようになっていました。

 

同年代の子たちよりも「飛び抜けて優秀」になっていたのです。

 

「豊かな言葉」をうけて、「豊かな世界観」を確立することができたのです。

 

大人でも本を読む習慣のない人がゴロゴロいるのに、なんと5歳で本を読めるようになっていたのです。

 

スポンサードリンク


読み聞かせの効果

では、「読み聞かせ」による具体的な効果とはどのようなものなのでしょうか?

  • 感受性が豊かになる
  • 親の愛を感じられる 

 

感受性が豊かになる

「豊かな言葉」で「豊かな世界観」を確立するということは、「感受性」が豊かになるということです。

 

一般的にも、情操教育が大切だと言われるのは「喜怒哀楽」などの感情を表現する子に育てるためです。

 

「読み聞かせ」をすることによって脳の大脳辺縁系を刺激します。

 

大脳辺縁系は「情緒」「意欲」など人間の基本的な行動をつかさどる部分です。

 

「人格」に影響を与え、生涯その人格で生きていくのです。

 

感受性が豊かな人のことについては「感受性が強い・豊かな人の、他人がうらやむ美しい心理的特徴」を参考にしてみてください。

 

親の愛を感じられる

赤ちゃんは、母親のお腹の中にいるときから「周りの人の声」を聞いています。

 

特に、生みの親である「母親」の声は落ち着くものなのです。

 

「親」の声をききながら一緒に何かをとり組むことで、赤ちゃんに「愛」が伝わっていきます。

 

「耳元でささやかれる母親の声」自体が、赤ちゃんを安心させ充実感を与えるのです。

 

赤ちゃんと親の愛については「赤ちゃんの抱き癖の放置は、一生を棒にふる危険性あり」を参考にしてみてください。

 

読み聞かせの方法

最後に、読み聞かせの方法とついてご紹介していきましょう。

  • タイトルからストーリーを連想させよう
  • ゆっくりとしたスピードで読もう
  • 感情を込めよう

 

タイトルからストーリーを連想させよう

読み聞かせをする前に「表紙」などを見せてあげて、「どんなお話なのかな?」と興味をそそる質問をしてみましょう。

 

例えば、「食べ物」の絵本では「これはどんな食べ物なのかな?」「どんな味がするのかな?」などそれぞれの絵についても質問をしてあげましょう。

 

そして、何かを言っているのあれば、しっかりと聞いてあげましょう。

 

「読み聞かせ」は親子のコミュニケーションでもあるのです。

 

ゆっくりとしたスピードで読もう

スピードが早いと赤ちゃんは理解できないどころか、飽きてしまいます。

 

スピードはできるだけゆっくりにして、赤ちゃんが理解できるであろうスピードにしましょう。

 

また、ストーリーにより深く入り込むために身体の動作をつけるのもよいでしょう。

 

例えば、「ぽん」などの擬音語のときは赤ちゃんの身体を動かせてあげればいいではないでしょうか。

 

感情を込めよう

どんなストーリーでも、感情を込めて読み聞かせてくれるとおもしろいものです。

 

同じストーリーでも、うまい役者が演技をするのかどうかでストーリーに対する印象は大きく変わってきます。

 

うまい役者が演技するストーリーに面白みを感じるのは言うまでもありません。

 

「読み聞かせ」においても同じことが言えます。

 

ストーリーに緩急をつけて読聞かせてあげましょう。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ