喉のイガイガの原因と治し方!3分で治す方法4つ!

sleeping-690429_640

喉のイガイガの原因と治す方はどのようなものでしょうか?治すのに大切なことはどのようなことでしょうか?

 

喉がイガイガになる状況として、

  • 「空気が乾燥している」
  • 「空気が汚れている」
  • 「季節の変わり目」

 

などが考えられます。

 

「喉」がイガイガになってしまうと、コミュニケーションに支障をきたすため日常生活にも支障をきたすことでしょう。

 

そこで、できるだけ短期間で「喉のイガイガ」を治すための方法をご紹介していきましょう。

 

また、上記であげたように外界の状況が変わっても、「喉」の調子がおかしくなる人とならない人がいます。

 

「外界の変化」にも対応できる強い身体ということです。

 

そもそも「喉がイガイガ」にならないために普段から気をつけることも合わせてご紹介していきます。

 

普段から心がければ簡単にはイガイガになることはないでしょう。

 

この2つを実践していただくことで、はるかに強力な身体になっていくことでしょう。

 

スポンサードリンク


喉がイガイガになる原因

喉は、「外界」とダイレクトに接しているところです。

 

例えば、外の「空気」や「食べ物」が通るところです。

 

もちろん、外界には「病原菌」がたくさんひそんでいるのは言うまでもありません。

 

そのため、喉は「病原体」と接触する「頻度」がとても多いのです。

 

しかし、一方で人間には「免疫機能」がそなわっています。

 

「免疫機能」によって入ってきた「病原菌」をやっつけることができるのです。

 

ただ、上記にあげた「外界の変化」のときには、「免疫機能」が下がってしまうことがあります。

 

その結果、喉の粘膜の「抵抗力」が弱ってしまい、「炎症」を起こしてしまうのです。

 

そして、炎症のひとつとして「喉のイガイガ」になるということです。

 

スポンサードリンク


喉のイガイガを治す方法4つ

では、喉のイガイガを治すためにはどのようにすればよいのでしょうか?

 

前半の2つは「病原菌を殺菌する」というアプローチでの対処です。

 

後半の2つは「喉を清潔な状態に保つ」というアプローチでの対処です。

 

「前半」と「後半」からそれぞれひとつ実践していただくと、かなりの効果が期待できます。

 

うがい

伝統的な方法論です。

 

大昔からやられている方法はやはり効き目があります。

 

単純なことですが、喉にいる「細菌」をうがいによって外にはき出すことができるのです

 

1日に3〜4回くらい「うがい」をして喉を清潔な状態にしておきましょう。

 

トローチ

トローチは喉の「病原菌」を殺菌するために開発されたものですから、効き目は抜群です

 

またトローチがないのなら、「ハチミツ」でもOKです。

 

ハチミツにも「殺菌作用」があるからです。

 

加湿器

空気が乾燥していると「喉の粘膜」に傷がつきやすくなります。

 

「粘膜の抵抗力」をあげておくためにも、湿度はあげておいた方がよいでしょう。

 

夜寝るときには「加湿器」をまわしておいた方がよいでしょう

 

余談ですが、外界の変化でなぜ体調が悪くなりやすいのかについては「季節の変わり目に体調不良になる、驚愕のカラクリ」でご紹介しています。

 

マスク

マスクは外からの「病原菌」が入ってくるのを防ぐことができます

 

また「保湿作用」もあります。

 

マスクをつけているとしゃべらなくていいので、喉の「休憩」になります。

 

外出するときには、着用することをオススメします。

 

喉のイガイガにならないための身体づくり

いままでの方法論は、喉がイガイガになった人がどのようにすれば元に戻るのかをご紹介していきました。

 

ここでは、そもそも「喉のイガイガ」にならないための身体づくりについてご紹介していきたいと思います。

 

具体的な方法論としては「免疫機能」を高める生活をするということです。

 

私たちの身体は常に「病原菌」と共同生活しているといっても過言ではありません。

 

「がん細胞」でさえ、毎日私たちの身体では発生しています。

 

なぜ、「がん」にならないのかというと「免疫機能」が働き「がん細胞」を駆逐しているからです。

 

「免疫機能」を高めておくということは健康でいるための必須な条件なのです。

 

細胞を修復させる「成長ホルモン」を出す

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります。

 

とくに大切なのが「ノンレム睡眠」です。

 

「ノンレム睡眠」のときだけ「成長ホルモン」を分泌するからです。

 

「成長ホルモン」は細胞を修復させるホルモンです。

 

「若返りホルモン」とも言われています。

 

「新しい細胞」に戻すという強いベクトルが身体で働いているなら、健康を害する可能性はぐっと低くなることでしょう

 

ただ、注意をしたいのは現代は「質の高い睡眠」をとることが難しい環境になりつつあります。

 

詳しくは「睡眠が耳栓とアイマスクで劇的に「質の高い睡眠」になる」を参考にしてみてください。

 

腸内細菌を増やす

「免疫機能」の役割を果たしてくれる「免疫細胞」というものがあります。

 

実は、この「免疫細胞」はほとんどが腸内でつくられています。

 

例えば、

  • 「乳酸菌」
  • 「ビフィズス菌」
  • 「食物繊維」
  • 「オリゴ糖」

 

などがそうです。

 

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は「腸内細菌を増加」させます。

 

「食物繊維」と「オリゴ糖」は「腸内細菌のエサ」になります。

 

これらの栄養源としっかりととっておくことで、免疫細胞が増えて「免疫機能」があがるのです。

 

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は「チーズ」「ヨーグルト」「牛乳」などの乳製品にたくさん含まれています。

 

「食物繊維」と「オリゴ糖」は「大根」「れんこん」「ごぼう」などの野菜にたくさん含まれています。

 

これらの食品を意識的に生活にとり込んでいきましょう。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ