歩くのが遅い性格の人はリスク!病気になるワケ!

pedestrians-918471_640

歩くのが遅い人はどこでも見かけることと思います。

 

世の中には、「歩くのが早い人」と「歩くのが遅い人」の2種類の人が成り立っていると言っても過言ではありません。

 

デート中に歩くスピードが違い、イライラして「いざこざ」を起こしたことがあるのかもしれません。笑

 

「歩くスピード」は人それぞれ違いますし、単なる「性格」だと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、これを読み終わった後は「まったく違う風景」が見えることになると思います。

 

なんと、歩くスピードが「寿命」に影響しているのです!

 

「歩くスピード」に着目することは、とても興味深いことだと思います。

 

なぜなら、誰もそんなところに「スポットライト」をあてたことがなかったからです

 

世の中を「見る目」がひとつ深まります。

 

では、さっそくご紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク


歩くスピードは健康のバロメーター

アメリカのビッツバーグ大学医学部のステファニー教授の研究が面白いことを言っています。

 

歩くスピードが「1秒間に1メートル以上」の高齢者は同年代で同じ性別なら、それ以下の人よりも確実に長生きします。

 

「力強く動ける能力」は、「生命力」や「健康」に影響をおよぼしています。

 

自分自身がどのスピードで歩くのかが最適なのかを選んでいて、そのスピードが速い人がより健康であるということです。

 

歩くスピードを速くすると健康になるわけではないのです。

 

歩くスピードはそれぞれの「エネルギー」「運動をコントロールし調整する能力」で決まります。

 

これらは「心臓血管」「神経」「筋肉や骨」などの複数のシステムが適切に機能している必要があるのです。

 

※参考 : How Fast You Walk May Predict How Long You’ll Live

 

要約すると、歩くということは身体の「複数のシステム」がハーモニーすることによってできることです。

 

そして、「歩くスピード」は身体の健康を計るときの強力な「バロメーター」になるということなのです

 

歩くのが速い人は遅い人よりも健康で長生きするということです。

 

スポンサードリンク


なぜ、歩くのが遅くなる?

では、なぜ歩くのが遅い人がいるのでしょうか?

 

「歩くのが遅い人」は「歩くのが速い人」とどこが違うのでしょうか?

 

実は、はっきりした答えがあります。

 

「目的意識」があるかないかということに集約されるということです。

 

例えば、カフェから街を見ていると「キャッチ」や「ナンパ師」の人がたくさんの人に声をかけているのがわかります。

 

彼らが捕まえるのはきまって「目的意識」のない人たちです。

 

要は、外から見ていて歩くの遅い「フラフラ」している人たちということです。

 

歩くのが遅い人は、「目的意識」がないと表現しているようなものなのです。

 

だからこそ、道で「変な人」に声をかけられても「ほいほい」連いていくのです。

 

「目的意識」がないことはハメられやすいということなのです

 

「目的意識」がしっかりとある人は道で声をかけられても無視します。

 

そして、声もかけづらいのです。

 

「目的意識」があるかないかが、歩くという何気ない行為に表れるのです。

 

歩くという行為だけでも、その人の「メンタリティ」を垣間見ることができるのです。

 

人は常に「自己表現」しているということです

 

また「目的意識」を持つのか持たないのかは、「健康」や「美容」にも大きくかかわってくるのです。

 

 icon-thumbs-up Column

「目的意識」のない人は、仕事のできない人が多いです。

 

「惰性」で仕事をしてもうまくいくわけはないからです。

 

「モチベーション」もあがってこないに違いありません。

 

歩くのが遅い人は、仕事を「テキパキ」をこなすのは難しいと思っても問題ないでしょう。

 

目的意識がないと老けて病気にもなる!

また「目的意識」がない人は「病気」になりやすいということも分かっています。

 

目的意識がない人は「老けるスピード」が早いのです。

 

病院にいる患者さんたちの多くは「目的意識」のない人が多いとおっしゃるお医者さんもいます。

 

「目的意識」がないということは「老化スイッチ」をオンにするということなのです。

 

つまり、細胞が「壊死」していってしまうのです。

 

反対に、細胞を「修復」させる方法もきちんとあります。

 

それは「質の高い睡眠」をとるということです。

 

質の高い睡眠は「成長ホルモン」をたくさん分泌させ、細胞を修復させることができるのです

 

睡眠のクオリティが低いと細胞は修復されずに、歳よりも老けて見えます。

 

詳しくは「熟睡できない、夢ばかり見る睡眠から脱却する方法」を参考にしてみてください。

 

「若返り効果」はもちろんのこと、「ダイエット効果」なども期待できます。

 

反対に、「目的意識」を持つことができれば自然と歩くスピードも速くなっていきます。

 

これまで見たきた通り、速く歩くことは「健康な身体である」ということを表しています。

 

また速く歩くとカロリーもいつもより消費されるため、ダイエットにもなることでしょう。

 

まず第一に大切なのは、「目的意識」を持つことなのです。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ