夢占いで蟻の心理的意味5つ!あなたはどれ?

ant-564617_640

夢占いで蟻は心理的にどのような意味を持つのでしょうか?

 

私たちにとって蟻は「なじみ深い存在」です。

 

小さい頃などに蟻などの昆虫と遊んだことがあるでしょう。

 

蟻が出てくると

 

  • 「どんな仕事をしているのかな・・・」
  • 「女王アリはどこにいるのかな・・・」
  • 「地下深くまで巣をつくるってすごい!」

 

などのことを感じるのではないでしょうか。

 

実は、蟻は私たちにとってとても「身近な存在」ということができます。

 

普段は、小さすぎて意識では気づくことができないだけです。

 

少し視点をずらせば、そこらじゅうに蟻が私たちと共にいることが分かります。

 

普段では気づかない存在が、「深層心理をうつしだした夢」に出てくるのはなぜでしょうか?

 

とても気になるところです。

 

そこで、ここでは夢における蟻が心理的にどのような意味を持っているのかご紹介していきたいと想います。

スポンサードリンク


蟻の心理的意味とは?

蟻は集団のなかでも役割がきまっています。

 

「働き蟻」や「女王蟻」がいます。

 

数少ない「女王蟻」は子どもを産みます。

 

多数の「働き蟻」は育児と食料の調達をします。

 

また、自分たちの住処のために「働き蟻」は地下深くまで「巣」をはりめぐらせています。

 

ものごとを前にすすめるエネルギーがとても高いことが分かります。

 

社会性のあるバイタリティ溢れる存在といえます。

 

このようなことから、

 

  • 「コツコツ積み重ねること」
  • 「地味な努力」

 

などを意味しています。

 

ただ、「蟻」が登場するシチュエーションによって吉凶どちらにも転ぶうります。

 

それでは、シチュエーション別の意味をみていくことにしましょう。

 

ここでは夢から深層心理をよみ解いていますが、

 

目をそらす女性と男性の心理は、天と地ほどの差がある」では目の動きから深層心理をよみ解いています。

 

あなたの日常生活では何気なく起こっているようなことでも「深層心理」を理解できれば違った風景が見えるようになりますよ。

スポンサードリンク


シチュエーション別の心理的意味5つ

大量&大群

 icon-thumbs-up 大量&大群

大量&大群の蟻たちの意味することは「仕事量の多さ」です。

 

たくさんの蟻を見て、ゾッとしたなら日常の忙しさに押しつぶされそうになっています。

 

オーバーワーク気味になり、「体調を崩す」可能性もあります。

 

また、周りに流されてしまい「自分を見失っている」ということも考えられます。

 

自分をその都度、見つめなおしてください。

 

自分を見失っていると感じるなら「自分を見失うカラクリと、自分を取り戻す3つの方法」を参考にしてみてください。

 

噛まれる

 icon-thumbs-up 噛まれる

押さえつけている思いがあります。

 

器に収まりきらないほどの役割、堪えしのぶべきことがあるのでしょう。

 

このようなことがプレッシャーになっているのは言うまでもありません。

 

「モヤモヤした気分」がしばらくは続きそうです。

 

ただ、「地道な努力」をしているかぎり道は開けてくるでしょう。

 

小さくていいので「確かな一歩」をつづけてください。

 

他の夢占いについても知りたい方は「夢占い・まとめ」を参考にしてみてください。

 

殺す

 icon-thumbs-up 殺す

あなたも認めるライバルに対する「対抗心」を表しています。

 

ライバルに追い抜かれるのではないかという「不安・焦り」を意味しています。

 

ライバルを排除したいという心の表れです。

 

恋愛でいえば、あなたの好きな人に寄り付く「魔性の女」の影がちらついています。

 

あなたの「女子力」を高めておく必要があります。

 

女子力をさらにアップさせるための禁断のテクニックを「一緒にいたいと思われる女性!あなたは?」ではご紹介しています。

 

大きい蟻

 icon-thumbs-up 大きい蟻

大きな蟻が出てくればとてもラッキーです。

 

もともと蟻はエネルギッシュな存在です。

 

大きな蟻になると、より「たくさんのエネルギー」を保持しているということになります。

 

この大きな存在によって、あなたは飛躍的に引き上げられることになるでしょう。

 

今いる環境とはちがう、レベルアップした「環境」に身を置くことになるでしょう。

 

行列

 icon-thumbs-up 行列

蟻が行列になっていたなら、あなたの成功に「周りの人の力」を必要としています。

 

自分ひとりでとり組もうとしたり、自分で抱え込まないようにしてください。

 

必ずあなたの側には援助してくれる人がいます。

 

「小さな努力」を仲間と積みかさねることで、ものごとは好転していくことでしょう。

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ