目をそらす女性と男性の心理は、天と地ほどの差がある

child-476506_640

目をそらす女性と男性の心理はまったくことなるものです。行動心理学のしぐさではどのような意味があるのでしょうか?

 

私たちはたえず他の人とのかかわりの中で生きているわけですから、たくさん他の人とコミュニケーションを日常的にとっています。

 

たいていのときは、「相手の目」をきちんと見てコミュニケーションをするものです。

 

しかし、私たちは経験的に相手が目をそらして、そっぽを向かれたなどの経験をしていると思います。

 

目は脳の一部分といわれるように、目のうごきはその人のことをよくあらわす部分です

 

相手に自分から視線をそらされると、

  • 「自分には興味がないのでは?」
  • 「ひょっとして相手に嫌われているのではないか?」

 

と考えてしまうことでしょう。

 

ただ、そのときに相手には私には興味がなく仲良くなれないと決めつけてしまうことは、とってももったいないことです。

 

それは女性と男性で目をそらう理由がまったく異なるからです。

 

そこで、女性と男性が目をそらす心理についてご紹介していきましょう。

 

また、私が一目惚れしてしまってエピソードもご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


目をそらす女性は恋人候補である

woman-578429_640

男性と女性で目があったときに女性が目をそらしてしまうことってあると思います。

 

そのとき、男性は

  • 「そっぽを向かれた」
  • 「興味が自分から別のほうに移ってしまった」

 

などのことを思ってしまいます。

 

しかし、その表面的な部分だけを見て相手は自分にはまったく興味がなく仲良くなれないと思ってしまうのは非常にもったいないことです

 

なぜなら、表面的なことだけを見て「人間の深層心理」は分からないからです。

 

実は、男性と女性で目があったときに目をそらす女性は、その男性のことを気にかけている可能性が高いです

 

では、女性はなぜ男性から目をそらすのでしょうか?

 

それは照れ隠しのためです。動物としての本能ともいえます。

 

そもそもですが、女性が興味のない人には視界にすら入らないものです。

 

目があいようがないということです。もしくは目があっても別に普通の状態でいられるのです。

 

リラックスして目の前でいられるのであれば、ただの友達です。

 

女性は「好きな人」を前にすると落ち着かないものなのです。

 

 icon-thumbs-up ポイント

女性は好きな人と同じ空間にいるだけで「ソワソワ」します。

 

女性としては、「ソワソワ」していることは周りにバレたくありません。

 

そのために、自然と「クールな表情」で目をそらすのです。

 

本心を隠すのが上手だと言ってもいいでしょう。

 

しかし、そこにこそ「チャンス」があることを男性は忘れてはいけませんよ。笑

 

女性と距離をちぢめるためのテクニックは「男性が女性をからかう心理!危険領域も!?」を参考にしてみてください。

スポンサードリンク


目をそらす男性はあなたには興味がない

smoke-316496_640

一方で男性の場合はどうでしょうか?

 

男性というものはとても単純な心理で、気になった女性には視線をおくるようになっています。

 

例えば、道できれいな女性がいると男性はまずまちがいなく視線をおくります。

 

というより自動的に視線をおくるようになっているのです。見てしまうわけです。笑

 

ただ、その女性と目があったとしても見続けます。

 

その女性がどんなルックスなのか、ディテールをチェックするためです。

 

要は、舐めまわすように見るわけです。

 

ですから男性は好みの女性と目があったときに目をそらそうとはしません。もっと見たいわけですから

 

もし、視線をそらされるようであればそれはあなたには興味がないということです。

 

他のしぐさにも興味がある方は「腕を組む・足を組む心理とは?全く異なる2つの意味」を参考にしてみてください。

 

余談ですが、男性が目をそらす心理には例外もあります。

 

例外1:勘違いさせないため

相手が自分のことを好きにならないようにするためです。

 

見つめ合っているとお互いにいい感じになっていると思います。

 

映画などでこのシーンはよく見ますね。

 

目をあわせようとすれば合わせられるけど、あえて目をそらすわけです。

 

例外2:照れ隠しのため

実は、男性も好きな人を目の前にすると照れてしまいます。

 

恥ずかしく思ってしまうのです。

 

悟られないようにするために目をそらすわけです。

 

ただ、男子は単純なので周りにバレることもたくさんあります。笑

 

例外:人と向き合うのが怖い

これは対人するのが苦手な人に多い場合です。

 

人とコミュニケーションをすることを極度にイヤがる人の場合です。

 

恋愛の前に、社会生活をしっかりと営めるのかが怪しい人です。

 

通称「コミュ障」の人たちです。

 

私が一目惚れした話。

私は中学生の頃に、同じ学校の女子に一目惚れをしたことがあります。

 

私は、それまで一目惚れとかをすることがないのですが、見た瞬間に好きになってしまいました。

 

違うクラスだったのですが、「教室から出てきた姿」に落ちてしまいました。好きになるのに、「コンマ一秒」もかかっていません。

 

外見はもちろんのこと、透き通るようなキレイな肌や、雰囲気にハマってしまいました。

 

どんな立ち振る舞いだろうと、120%満たされました。

 

 

  • 「授業中に足を組かえる姿」
  • 「休み時間にトイレに行く姿」
  • 「ソックスをあげる姿」
  • 「脚の形」
  • 「体育から教室へかえってくる姿」

 

挙げればキリがありません。笑

 

彼女のやっていることが、どこからどう見ても「ヤバい、かわいい」みたいになりました。

 

これはとても不思議なことで、ヘリコプターからバラバラのピースを落として、すべてきれいにハマるみたいな感じです。笑

 

これ以降同じようなことは「ゼロ」ですので、一生にたった1回の可能性すらあります。

 

私は、一生にたった数回のチャンスしかないみたいなヤバい状況だと「ガクブル」になるタイプです。笑

 

話もしたことがないのに、かわいいというだけでテンションがかなりあがって、友達に「やばい、やばい」とか言っていました。笑

 

しかし、これだけ好きすぎると「身動き」がとれなくなってしまいました。

 

本当は同じ空間で眺めているだけで、正直満足できるのにもかかわらず、「興味がない素振り」をみせてしまっていたのです。

 

同じ空間でいることを避けてしまうようになったのです。

 

好きすぎると話することも近よることもできない「神聖な存在」となってしまったのです。

 

一歩ふみ出すことによって、「神聖な存在」でなくなるのが怖かったのかもしれません。

 

当時はよく妄想していました。というか、頭から離れなかったのです。

 

「神聖な存在」だからか、そこではあり余るほどの威力を持ったのは言うまでもありません。

 

結局なにもないまま終わってしまいましたが、それでもかなりいい思い出として私の中にあります。

 

いまは、一生に数回のチャンスにもしっかりと「アンテナ」をはっておきたいと思っています!

 

まとめ

  • 女性は好きな男性と目があった場合、照れ隠しで目をそらす(一歩ふみだすことがとても大切!笑)
  • 男性は好きな女性と目があった場合、もっと見たがる(例外もある)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ